バイト忙しいのに割に合わないよ

楽なバイトがやっぱりいいですよ

時給の割に忙しすぎる。こんなにバイトしているのに給料少なすぎ!なんて不満を良く耳にしますが、私自身結構楽ちんなバイトばかりしてきたので有難いです。

 

 

楽ちんバイトっていうと何にもやっていない様な響きだけど、与えられた仕事はこなしていました。

 

 

要は運が良かっただけです。一番楽ちんだったのが、近所に新規オープンした某眼鏡店でのバイトです。

 

 

「オープニングスタッフ募集」「未経験歓迎」「短期の可能性あり」での募集内容で、長期間働きたかった私でしたが、他の条件がぴったりだったので考える前に応募しました。結果採用。採用理由は、おそらくですが「自宅が近いから」だったと思われます。

 

 

とにかく採用された事が嬉しくて、バイト内容なんて何にも考えていませんでした。私が働いた眼鏡店でのバイト内容は、基本レジ打ちと掃除です。実際に調整したりレンズをつけたりというのは、正社員さんの仕事でした。技術も経験も全くない私は、レジ打ちと掃除メインです。

 

 

 

どちらかというと掃除の方が多かった記憶があります。ガラス張りの店内で、ひたすらガラス拭き、床掃除、店外の掃除、そしてレンズもくまなく拭いていました。お客さんが来るとすぐにガラスケースに指紋がつくので、帰った後にせっせと拭いていましたね。

 

 

そのお蔭で、今でもガラスの拭き掃除は自信があります。レジより自信があります(笑)

 

 

 

しかしオープンから1ヵ月経ち、オープニングスタッフは解散という雰囲気になったのです。さすがに焦りましたが、始めから短期バイトのつもりで働いた人が結構多く、私は
残れる事になりました。

 

 

 

かなりラッキーでした。時給ダウンの条件付なので手放しでは喜べなかったですが、他のバイト先が見つかる見込みもないし、何よりも楽過ぎる。このチャンスを逃すものかと、さっさと長期バイトを了承しました。長期になってからは、オープニングスタッフとして働いたよりも更にゆる〜くなりました。

 

 

 

 

一番キツかったのは、時間が過ぎるのが遅すぎて心身的に疲れる事です。頭の中で物語を作ったり目を開けて寝る練習してみたり。でも結局目を開けて寝る事は出来ず←当たり前か。トイレへ何度も行ったりしましたね。時間の経過がゆっくり過ぎるバイトは嫌だと嫌い人もいるでしょう。

 

 

 

私の場合、ノルマがなくて精神的に楽。そして掃除が上手になる。社員さんとお喋りしてメガネの知識が若干つく。これらのメリットが大きすぎて、かなり長い期間居座りました。今では眼鏡と全く関係のない仕事についているけど、当時を振り返ると、眼鏡の専門知識を勉強しておいても良かったかもと思います。

 

 

 

今でも元バイト先の眼鏡店へ出向き、割引価格でマイ眼鏡を作ってもらっています。